1. ホーム
  2. 経営方針「社長挨拶」

中央復建コンサルタンツは、昭和21年の創業当初は社団法人として、その後は民間の建設コンサルタントとして、社会資本整備の一翼を担って参りました。その間、戦災復興、高度成長といった時代のうねりの中で、その時々の社会のニーズに応えるべく、技術の充電と放電を行ってきました。現在では、鉄道・道路・港湾等の交通や施設の計画、設計及び維持管理、地盤等の調査・解析、環境影響評価等の各分野でトップレベルの技術者を擁する総合コンサルタントとして、国内外の様々なプロジェクトに参画しています。

21世紀に入り、人口減少と少子高齢化、経済のグローバル化、高度情報化、地球環境問題、社会資本の老朽化等々、今までに経験したことのない社会経済情勢の変化に直面しています。そのような中、私たち建設コンサルタントには、在来技術の高度化に加えて、時代の変化を先取りする豊かな発想が求められています。さらに、国土強靭化基本法の制定や多様な事業執行システムの導入など、私たちの役割や領域の拡大・多様化といった時代の要請があります。当社はこれに応えるべく、健全な企業経営のもと優秀な技術者が大いに活躍できる場を確保し、技術力の研鑽とともに、人材育成や働きやすい職場環境づくりに力を注いでいます。

「誠実」は社内外の信用を得るための基礎である。「明朗」は社員相互の信頼を生むための基調である。「団結」は会社の実行力を増すための基盤である。この社是「誠実・明朗・団結」のもと、次の世代に今の水準以上の社会資本を引き継ぐことを使命とし、全社員が一丸となって社会のニーズに誠実に応えて参る所存です。クライアントをはじめ、関係各位の変わらぬご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。

代表取締役社長

ページトップへ