1. ホーム
  2. 経営方針「倫理・品質方針等」

倫理方針

1.品位の保持
建設コンサルタントとしての品位の保持に努める。
2.専門技術の権威保持
幅広い知識の吸収と技術の向上に努め、依頼者の良きパートナーとして業務に当たる。
3.中立・独立性の堅持
建設業者または建設業に関係ある製造業者と、建設コンサルタントとしての中立・独立性を害するような利害関係をもたない。
4.秘密の保持
依頼者の利益を擁護する立場を堅持するため、業務上知りえた秘密を他に漏らさない。
5.公正かつ自由な競争の維持
公正かつ自由な競争の維持に努める。

品質方針

常に技術の向上に取り組み、クライアントとエンドユーザーである市民のニーズに応え、その満足度を高めるサービスと成果品を提供することによって、顧客満足度の最大化を目指すことを品質方針とする。

この品質方針を実現するために品質マネジメントシステムを構築・運用し、その有効性を継続的に改善していく。

環境基本方針

環境と共生する社会基盤施設等を計画・設計するとともに、業務遂行における省資源に資することを環境基本方針とする。

実行にあたっては、環境関連の法律・条例・規制・その他社会的要求事項を遵守し、環境への取り組み視点・事項の見直しを含め、継続的改善を図る。

コンプライアンス基本方針

社会資本の整備にかかわる建設コンサルタントの仕事は、顧客や社会との信頼関係のもとで成り立っています。この信頼関係構築のためには、高度な技術サービスの提供だけではなく、コンプライアンスも重視しなければなりません。従って、コンプライアンスの全役職員への周知徹底は、経営の基盤であり、最重要課題の一つと考えています。

私たちは、倫理方針と下記のコンプライアンス基本方針に則って、法令を遵守するとともに、社会規範を守り高い倫理観をもって、健全な企業活動を行い社会との良好な関係の構築に努めます。

1.法令遵守
私たちは、独占禁止法、下請代金法及び国家公務員倫理法等の法令を遵守します。
2.政治・行政との関係
私たちは、政治・行政と健全かつ透明な関係を維持します。
3.反社会的勢力及び団体への対処
私たちは、社会の秩序や安全に脅威を及ぼす反社会的勢力及び団体との関係をもちません。
4.協力会社との信頼関係
私たちは、協力会社と公正な契約を締結するとともに、信頼関係を保持します。
5.適正な情報管理
私たちは、企業活動に伴い知り得た顧客の機密情報及び個人情報を適正に管理し、漏洩を防止するとともに、知的財産権の管理、尊重に万全を期します。

情報セキュリティ基本方針

中央復建コンサルタンツ株式会社は、事業遂行に広く活用する情報資産の安全性および信頼性の確保に万全を期し、社会の信頼に応えることを基本理念とする。

そのため、情報セキュリティの管理策を講じ、管理規程等に準じて行動することによって情報資産の適正利用と漏洩の防止を図るとともに管理体制を整備し、その有効性を継続的に改善していくことを情報セキュリティ基本方針とする。

個人情報保護方針

中央復建コンサルタンツ株式会社は、「個人情報保護」に関し

  • 全社的な秘密保持認識の徹底
  • 目的外利用の禁止
  • 使用目的終了後の情報の消去・廃棄等処理の明確化
  • 個人情報管理者の設置も含めた安全管理

を始めとする規程を整備し、情報漏洩に対する管理体制を期している。

ISO・品質管理

ISO9001・ISO14001の認証取得

21世紀初頭における全人類的な“キーワード”は「地球レベルでの環境問題」であると考えます。CFKはこの課題に対処するために全社横断的な組織をもって事に当たり、ISO9000、ISO14001への対応を始めとする幾多の課題に取り組んでおり、品質保証システムの確立にも努めています。

※事業開発本部海外業務グループおよび事業運営部は適用範囲から除きます

アセットマネジメント方針

常に技術の向上に取り組み、クライアントとエンドユーザーである市民のニーズに応え、その満足を高めるサービスと成果品を提供することによって、顧客満足度の最大化を目指すことを基本として、以下の方針を定める。

1.顧客満足度の最大化を図るためのマネジメントシステムを構築する。その一つをアセットマネジメントシステムとする。

2.クライアントとエンドユーザーが期待する施設の効率的な資産維持を確保するアセットマネジメントに関するサービスを提供する。

3.アセットマネジメントシステムの有効性を継続的に改善する。

ページトップへ