1. ホーム
  2. 技術分野
  3. 三次元技術

技術分野

技術分野メニュー

三次元技術

CIM-試行から実践へ-
i-ConstructionおよびCIMの普及・発展に貢献します

現状における設計手法の主流は、二次元設計です。平面図、縦断図、横断図等は別々に作図することになるため、修正漏れのリスクが高く作業効率も悪くなります。品質確保や設計効率化といった社会要請に応えるためには、三次元技術をベースとして、計画・設計・施工・維持管理のシームレス化や関係者間での情報共有により、建設生産システムを抜本的に改革し、生産性向上を図る必要があります。このような考え方のもと、国が推進するi-Construction、CIM(Construction Information Modeling / Management)に全社的に取り組んでいます。

新宿南口交通ターミナル「バスタ新宿」施設CIMモデル

新宿南口交通ターミナル「バスタ新宿」施設CIMモデル
(国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所)

橋梁CIM(設計、施工計画)モデル

橋梁CIM(設計、施工計画)モデル

防災CIM(落石防護)維持管理モデル

防災CIM(落石防護)維持管理モデル

主な業務履歴
発注者 件名 完成年
関東地方整備局 東京国道事務所 H27東京国道管内維持管理マネジメント検討業務 2016
四国地方整備局 徳島河川国道事務所 平成27年度 江田高架橋修正設計業務 2016
東北地方整備局 福島河川国道事務所 掛田橋詳細設計業務 2016
国土交通省 国土技術政策総合研究所 設計及び施工段階でのCIMモデル作成仕様(案)検討支援業務 2015
国土交通省 国土技術政策総合研究所 維持管理での利用を想定した既設橋梁の簡易な3次元モデルに関する調査業務 2015
ページトップへ