人財育成

建設コンサルタントの仕事は、クライアントが持つ課題に対して技術的な解決策を提案すること。クライアントに満足していただける的確な提案をするには、専門知識、各種ツールの活用力、コミュニケーション力、そして考える力が必要です。

CFKでは、建設コンサルタントに必要とされる知識や力を社員が習得できるよう、組織的な人「財」育成に取り組んでいます。(図参照)

新入社員育成プログラム

CFKでは、新入社員がスムーズに成長できるように、新入社員育成プログラムを実施しています。新入社員が集まる研修は、同期の親睦の場にもなっています。

初期全体研修

入社後すぐに、大阪本社で行われる2週間の研修。CFKやコンサルティングビジネスに関するレクチャー、社会人としての基本マナーからライティングやCAD操作などの部門共通事項の学習など、充実したプログラムを用意しています。

育成担当者とのOJT

配属部署が決まると、新入社員一人ひとりに育成担当者が配置されます。CFKの第一線で働く社員が、On the Job Training(OJT、実際の業務を通じた育成)で新入社員の相談相手となり、一人ひとりの成長をサポートします。

現場研修

ふだんはなかなか立ち入ることができないインフラの施工現場を見学する「現場塾」を開催(年2回)し、視野の拡大の機会を用意しています。会社を離れて行う研修としては、、新入社員が自ら学びたい現場の見学を企画し、実行します。いずれも、見学後はレポートを提出します。

成果報告会

建設コンサルタントにとって、プレゼンテーション能力も技術力のひとつ。入社半年後に中間報告会、1年後に最終報告会を実施。入社後に自分がどれだけ成長したかを、全社員の前でプレゼンテーションします。

2〜5年目までの社員を対象とした成長を支援するプログラム

2年目からは、「自律(指示待ちではなく、自ら立てた規範に従って行動する)」と「自立(自分ひとり分の給料を稼ぐ)」できる一人前の社員への成長を後押しする、継続的な成長支援プログラムを用意しています。

Take Off Meeting

2〜3年目の社員が対象。月一回持ち回りで担当業務資料を発表し、着眼点から結論のまとめ方まで、社長を含むベテラン技術者のアドバイスを受ける研修です。

Step Up Meeting

4〜5年目の社員が対象。現実のプロジェクトを対象として、業務の進め方を考え、自分の力でとりまとめる研修を通し、業務を主体的に動かす力を養い、主任へのStep Upを目指す研修です。

プロフェッショナルへの成長を支援するプログラム

5年目以降の社員を対象に、部署内での責任ある業務を遂行する力を身につけること、インフラに関するコンサルティングに従事する技術者の証である国家資格「技術士」の取得を支援するプログラムを用意しています。

主任・主事研修

主任・主事が対象。業務プロセス、情報セキュリティ、利益構造、品質管理など、業務処理全般について実例・実習を交えて研修を行います。

社長・幹部社員との自由な対話を通じて、職業人としてあるべき姿、求められる職能への理解を深めるための研修です。

技術士試験対策講座

建設コンサルタントの“免許証”である国家資格「技術士」の試験に早期合格するための対策講座を実施しています。

RECRUIT

採用情報


私たちと一緒に新しい未来を切り開きましょう。
CFKでは、高い志を持ってチャレンジし続けるあなたを待っています。

採用情報へ 採用情報